内容紹介

高校生や大学生に対するキャリア教育は、以前と比較して世の中が高度・複雑化したこと、仕事を選ぶ選択肢が増えたことなどから、急速にニーズが高まっている。キャリア教育の第一歩である、キャリアカウンセリングの基本スキルとマインドが身につく映像コンテンツ

おすすめポイント

視聴対象
1 高校の一般教師・進路指導担当
2 大学の就職担当の職員
3 キャリアコンサルタント(厚生労働省所管)および、産業カウンセラー
4 キャリアカウンセリングの研修講師

■現役の高校教師、大学カウンセラーが出演する、リアルなカウンセリングを基に解説しています。

■数多くのカウンセリング相談事項の中で代表的な6ケースを採り上げ、ありがちな対応の例と望ましい例を比較解説しています。

■採り上げた6ケースはグループ討議用の題材としても最適です。

■講演やテキストの配布だけでは理解しきれない、生徒の心理状況等の微妙な部分が、映像だから納得・理解できます。

産業・経済の構造変化、雇用の多様化・流動化が進む中、就職・進学を問わず、学生の進路をめぐる環境は変化しています。このような社会背景により、キャリアカウンセリングのニーズと、現場のキャリアカウンセラーの不安は高まっています。

本DVDは、各巻、代表的なカウンセリングを6ケース採り上げ、指導のポイント、注意点を解説。卒業までの限られた期間内に、学生に少しでもより良い自己実現を目指してもらえるための、キャリアカウンセリングの注意点、対応のポイントが身につきます。

目次(Chapter)
第1巻 高等学校編
■ケース 1 進路調査票が提出できない(2年男子・自発面談)
■ケース 2 高校生活最初の定期面談(1年男子・定期面談)
■ケース 3 突然、進路変更したいと言い出した(3年女子・3者面談)
■ケース 4 進路を決める時期になってもボンヤリ(3年男子・呼び出し面談)
■ケース 5 専門学校の情報を集めにきた生徒(3年男子・自発面談)
■ケース 6 就職の内定を辞退したい(3年女子・自発面談)
■キャリアカウンセリングの注意点
付録:テキスト