内容紹介

気楽に対話を楽しめるワールド・カフェが、新しい会議手法として静かなブーム。旗振り役による唯一のガイドブックを増補・改訂。

おすすめポイント

○2009年11月に刊行した同名書の増補改訂版です。約7割を改訂しています。

○ワールド・カフェは静かなブームが続いており、毎日全国あちこちで催されている状況です。本書は日本語で書かれた唯一のワールドカフェ指南書。
著者たちは日経ビジネススクールの講師のほか、企業や自治体などワールド・カフェの伝道師として引っ張りだこです。

改訂増補のポイントは以下の通り。
1 単行本刊行後に催されたワールド・カフェの実践例とその後の展開を紹介。
2 ワールド・カフェの開催者向けに、1) 目的の明確化 2)問いの立て方 3) ワールド・カフェ・ホストのあり方 4) ワールド・カフェ のバリエーションについて解説。
3 インターネットを使ったオンラインワールド・カフェの3つの方式、および可能性

ワールドカフェの紹介事例はすべて新しいものにしました。
・企業におけるワールド・カフェ
組織風土改革にむけたワールド・カフェ――富士通アプリケーションズ
新しいブランドの構築と浸透――さくらインターネット
・大学におけるワールド・カフェ
東京大学の卒業生が一堂に――東大ワールド・カフェ
・地域におけるワールド・カフェ
ワールド・カフェによる市民同士の会話――宮代町役場
神戸の未来まちづくり300人会議――神戸市役所
無作為抽出による区民ワークショップ――世田谷区役所
病院リニューアルをきっかけとしたワールド・カフェ――医療生協愛媛
読書会でワールド・カフェ――ヨコハマ・ブック・カフェ
子育てを語り合うカフェ――仙台のマザー・ウイング