内容紹介

Excel 2021の基本的な操作をマスターされた方が、一歩進んだ応用的な操作を学ぶためのテキストです。入力をより効率的に行うための機能、IFとANDの組み合わせ、ROUND、VLOOKUP、XLOOKUPなど関数の利用、スパークラインや条件付き書式を使ったデータのビジュアル化、データベース機能の活用、ピボットテーブルやピボットグラフによるデータ分析など、Excel 2021の活用方法をこのテキストで学ぶことができます。
各章末には、その章で学んだ内容を確認するチェック項目と復習問題があります。また、巻末の総合問題で習熟度を確認できます。

第1章 入力作業をサポートする機能
入力をサポートする機能
複数シートの操作
異なるシートのデータ活用

第2章 関数を使用した入力サポート
端数の処理を行う関数
条件によって処理を分ける関数
別の表からデータを取り出す関数
順位を自動的に入力する関数

第3章 データの配布
シートやブックの保護
ドキュメント検査とパスワード設定
PDFファイルの作成

第4章 データのビジュアル化
発展的なグラフ
グラフの詳細設定
条件付き書式とスパークライン
グラフィックの活用

第5章 データ分析の準備とデータベース機能
データベースの整形とデータベース機能
データベースの整形
データベース機能の活用

第6章 ピボットテーブルとピボットグラフ
データをさまざまな角度から分析するツール
ピボットテーブルを使用した分析
ピボットテーブルの書式設定
ピボットグラフ

付録 マクロによる作業の自動化

総合問題
索引