学術書だが、各章ごとのボリュームがそれほど多くはないので、読みやすい『はじめてのジェンダー論』

学術書だが、各章ごとのボリュームがそれほど多くはないので、読みやすい『はじめてのジェンダー論』