文登氏は、起業したのは「自分がワクワクしたから」であり、ヘラルボニーではそのことを大切にしているという

文登氏は、起業したのは「自分がワクワクしたから」であり、ヘラルボニーではそのことを大切にしているという