気候変動も話題となり、災害など予測不能なリスクに備えるべき現代。これらの理由で突然、失業やボーナス減などの憂き目にあったり、家を失ったりして、経済的な打撃を受ける可能性は誰にでもあります。万が一のことがあっても家計を破綻させず生活を守るには、日ごろどのような備えが必要でしょうか? 『お金が貯まる人は、なぜ部屋がきれいなのか』(日本経済新聞出版) より抜粋のうえ紹介します。

高収入なのにすぐ破綻する家計の特徴

 新型コロナウイルスの感染拡大によって、多くの人が失業や残業代・ボーナスカット、収入減少など、これまで予想もしなかった状況に陥りました。

 感染症だけではなく、火事や地震、台風などによって住まいや職を失い、経済的に困窮する可能性は、いつもどこでも、誰にでもあります。

 不測の事態に弱い家計といえば、非正規労働で収入が少なく、公的保障が薄い。貯蓄がない。ひとり親家庭などでマンパワーがない。収入が年金のみの高齢者シングル、といったご家庭が思い浮かぶのではないでしょうか。

 しかし、それだけではありません。比較的高収入を得ている世帯でもお金の使い方次第で家計は厳しくなる可能性があります。

 とくに、注意が必要なのは、住宅ローンや教育費など「固定支出」の負担が大きな家庭です。

 食費のような毎月変動する「変動支出」は収入にあわせて調整できます。でも、住宅ローンや家賃、子どもの塾代や教育費、生命保険料など「固定支出」は、毎月一定額が必要で、しかも万が一の場合も見直しが難しいのが特徴です。

固定支出の負担が大きい家は要注意

 例えば、夫婦と中高生の子ども世帯の場合、世帯月収が40万円であれば、住居費は10万円以内が適正範囲です。

『お金が貯まる人は、なぜ部屋がきれいなのか』(日本経済新聞出版)より
『お金が貯まる人は、なぜ部屋がきれいなのか』(日本経済新聞出版)より
画像のクリックで拡大表示

 掲載した図表は家計バランスの目安ですが、住居費、教育費、保険料といった固定支出に関して、この目安を大きく超過している高収入世帯は、不測の事態が発生し、収入減が長期にわたった場合、家計破綻に陥る可能性が高いと言えるでしょう。

 住居費が不足しても引っ越すのはお金がかかる。住宅ローンの返済を見直そうにも、返済期間ギリギリな上、MAXの額まで借りているので難しい。子どもにお金のかかる私立の学校をやめてもらうのも容易なことではありません。

 これらは簡単にコストダウンできない費目ゆえ、一気に赤字転落、家計破綻の危機が迫るケースも出てくる可能性があります。

 気候変動も深刻な状況となり、これからは何が起こるかわからない時代です。いざという時に備えて変動費と固定費のバランスは見直しておきたいものです。

「個人バランスシート」を作成してみる

 万が一の事態に備えるには、毎月の家計だけでなく、資産と負債の状況も見直しておくことが大切です。そのために、バランスシート(BS)を作成してみましょう。

『お金が貯まる人は、なぜ部屋がきれいなのか』(日本経済新聞出版)より
『お金が貯まる人は、なぜ部屋がきれいなのか』(日本経済新聞出版)より
画像のクリックで拡大表示

 これは、ある時点の資産と負債の状況を表した貸借対照表のことで、おもに企業が作成するものですが、個人でも有効です。

 バランスシートは時価で評価を行いますので、実質的な財産が把握できます。また、キャッシュフロー表だけでわからない資産構成上の問題点などを洗い出すことも可能です。

 純資産の割合が大きいほど、健全なバランスシートと言えますが、マイナスになれば債務超過。つまり、財産があっても借金が多く、不測の事態に対して弱いということです。

 アドラー心理学でも説かれているように、楽観主義は「将来何がどうなるかわからないけれども、とにかく今のうちにできることはやっておく。その後はなるようにしかならないから、のんびり行こう」と腹を括ること。一方、楽天主義は「最悪なことは起こらないから大丈夫」という考えで、現実を甘く見過ぎている。都合の悪いことは蓋をして無視しがちです。

 不測の事態に備えるには、悲観主義や楽天主義にならず、楽観主義を身につけること。現実を直視し、できるだけ正確に分析し、今できることを前向きにやっていくことが大切です。

 人生は短くて一度きりです。何が起こるかわからない時代ではありますが、「固定支出の見直し」や「個人バランスシートの作成」など、自分たちができることを可能な範囲でやったうえで、後は人生を精いっぱい楽しむようにしたいものです。

(写真:Kite_rin/Shutterstock.com)
(写真:Kite_rin/Shutterstock.com)
画像のクリックで拡大表示
“貯まる”行動原理のキホンをFPが教えます

「玄関先にビニール傘」「カードを3枚持ち歩く」はなぜキケンなのか? イヌ派はネコ派よりもお金が貯まりにくい? 貯蓄と関係がなさそうでありそうな「日々の行動」と「貯蓄の効率性」の相関性について、FPが読み解きます。

黒田尚子(著)、日本経済新聞出版、1540円(税込み)