「面白くて、時間を忘れて読みましたね。以後は、『北杜夫』という名前で本を選ぶようになったんです」

「面白くて、時間を忘れて読みましたね。以後は、『北杜夫』という名前で本を選ぶようになったんです」