内容紹介

「時代遅れ」と切り捨てたはずの化石燃料が、
ロシアのウクライナ侵攻で改めて脚光を浴びている。
何が起こっているのか。出口はあるのか。
日経の専門記者が、疑問に答える!

脱炭素/カーボンニュートラルが話題になる昨今、もはや化石燃料は時代遅れになったはずだった。
しかし原油や石炭の価格は一向に下がらず、2月末からのロシアのウクライナ侵攻を受けて、
さらに需要拡大の兆しを見せる。
また、EV(電気自動車)や再生可能エネルギーへの転換には多量の金属を必要とするため、
各地で資源争奪の様相を呈している。

時代は逆流し、グローバルな環境重視と脱炭素への取り組みは後退するのか。
本書では、エネルギーを中心にカオス=混迷状態に陥った資源の動きを追う。
「石油・シェールガス」「石炭・天然ガス」「金属」「食料」「ESG・環境投資」などについて
いま世界で何が起きているのかをわかりやすく解説する。