内容紹介

SEという職種に代表される、ITサービス産業で働く専門職(ITプロフェッショナル)に就くことを、若者が敬遠する傾向が増えたのはなぜか。イノベーションの担い手としてのほこりや、かつてのようなモチベーションを取り戻すには、どうしたらよいか。SEが、ITサービス産業が、輝きを取り戻すには、何を変えるべきか--ふだんはライバルとして激しく競い合うこともある、2大SIer(システム・インテグレータ)のNTTデータと野村総合研究所が、手を携えてIT業界の明日のあるべき姿と人材像を研究するプロジェクトを立ち上げた。本書は、その成果をまとめたものである。
「ITサービス産業の仕事の本質は、未来を創ることである。ビジネスを司ることである。明るい未来を創っていくためには、社会的な課題を自ら発掘して、解決策を提示する必要がある。ITサービス産業の業界を挙げて、自らのミッションをそう再定義する時期に来ているのではないだろうか」(本書より)