内容紹介

直前になってからでは間に合わない。今から押さえておくべきポイントは?

2019年10月、消費税率が10%へと引き上げられ、同時に新しく「軽減税率」制度が始まります。
税率8%に据え置かれる飲食料品とは、どんな商品・取引なのか。個人事業主や企業は、店頭・受発注・経理の業務やシステムのどこをどのように変えるべきなのか。数年間にわたって制度が段階的に導入されていく過程では、どんな対応が求められるのか。
消費税のしくみから軽減税率への対応実務まで、イラストや図表を交えてわかりやすく解説。
直前になって慌てないために、流通業・飲食業はもちろん、あらゆる業種の経営層・管理職、販売・購買・経理・システムの実務担当者の方にお役立ていただけます。