内容紹介

本書では将来、活躍の場を世界に広げて、多様な人々のなかでも気後れせず活動できる人になるための意識を高めて、「気持ちのグローバル化」を身に付けるための手法を紹介しています。日本の外国語教育は、語学中心から文化の理解や多様な人々とのコミュニケーションといった「グローバル対応力強化」へとシフトしようとしています。対話の手段としての外国語の重要性とともに、異文化理解や自国文化理解の重要性をわかりやすく説明し、自分らしく、自分の考えを持って、さまざまな人々とコミュニケーションしながら生きていく力を養うことができます。
また、本書で解説する内容は、文部科学省の小学校学習指導要領 外国語活動に準拠して構成されています。