内容紹介

「高度成長の礎」を創った男の痛快なる人生。やくざ渡世を捨て、電灯事業に天与の才を発揮した安左エ門。戦時統制に反発、隠遁するも、戦後の電力再編に辣腕を振るう――。かくて「電力王」は「電力の鬼」となった。

おすすめポイント

「高度成長の礎」を創った男の痛快なる人生。やくざ渡世を捨て、電灯事業に天与の才を発揮した安左エ門。戦時統制に反発、隠遁するも、戦後の電力再編に辣腕を振るう――。かくて「電力王」は「電力の鬼」となった。