内容紹介

水俣病訴訟で国の和解拒否の弁明をしていた環境庁局長の自殺。自らの良心と官僚としての職責の板挟みになった悲劇とされた。仕事に生き甲斐とロマンを持った時、組織で出世の階段を上っていけば何が待っているか…。

おすすめポイント

水俣病訴訟で国の和解拒否の弁明をしていた環境庁局長の自殺。自らの良心と官僚としての職責の板挟みになった悲劇とされた。仕事に生き甲斐とロマンを持った時、組織で出世の階段を上っていけば何が待っているか…。