内容紹介

安定と繁栄をもたらしてきた「自立的な関係(よいしがらみ)」が「馴れ合い関係(わるいしがらみ)」へと変質し、独創性を阻む風土や、活力を削ぐ甘え、不正を許す隠蔽体質などが顕在化してきた。成功したがゆえに陥った、日本の危機の本質を探る。

おすすめポイント

安定と繁栄をもたらしてきた「自立的な関係(よいしがらみ)」が「馴れ合い関係(わるいしがらみ)」へと変質し、独創性を阻む風土や、活力を削ぐ甘え、不正を許す隠蔽体質などが顕在化してきた。成功したがゆえに陥った、日本の危機の本質を探る。