内容紹介

組織は必ず中から崩れていく――著者の長銀破綻の経験から、不祥事や時のトップの断罪よりむしろ、構成員1人ひとりの普段の思考・行動に潜む崩壊への予兆を指摘し、警鐘を鳴らす。「大企業病」は死語ではない。

おすすめポイント

組織は必ず中から崩れていく――著者の長銀破綻の経験から、不祥事や時のトップの断罪よりむしろ、構成員1人ひとりの普段の思考・行動に潜む崩壊への予兆を指摘し、警鐘を鳴らす。「大企業病」は死語ではない。