内容紹介

かつて日本にこんなに痛快な男がいた。政官財、既成の権力を向こうに回し、戦後日本の屋台骨をつくった快男児。明治から昭和の激動期を駆け抜けた松永安左エ門の鮮烈人生を、丹念に描いた評伝ノンフィクション。

おすすめポイント

かつて日本にこんなに痛快な男がいた。政官財、既成の権力を向こうに回し、戦後日本の屋台骨をつくった快男児。明治から昭和の激動期を駆け抜けた松永安左エ門の鮮烈人生を、丹念に描いた評伝ノンフィクション。