内容紹介

社内、そして職場で起こるメンタルヘルスの代表格、それが「うつ」。職場から「うつ」をなくすために、全従業員に必要な知識と対処法をドラマ仕立てで提供する、メンタルヘルス研修用映像教材。

おすすめポイント

視聴対象:業種・業態・職種・労使を問わない組織の全職員(官公庁、自治体、独立行政法人、業界団体、学校法人、医療関係者、NPO職員も含む)

■「うつ」=「こころの風邪」です。いつ誰が発症するかわかりません。本DVDは「本人」「同僚」の2つの視点から解説しています。ドラマ仕立てでストーリーを展開しているため、「本人」「同僚」それぞれの心理が理解でき、「うつ」への誤解をほどき、本質理解を促す機会を提供します。

■ 第1巻は「職場(社内)うつ」の基礎知識と実態を、第2巻は「職場うつ」にどう対応するかを、第3巻は「うつ」からの職場復帰を描きます。

■ 職場から「うつ」なくすためには、管理職だけではなく全職場構成員の理解と気づきが不可欠です。一般従業員層(非正規社員を含む)への教育研修に有効です。

■ 好評の日経DVD『実践!メンタルヘルス&ストレス・マネジメント』や日経文庫『メンタルヘルス入門』『ストレスマネジメント入門』と併用し、映像・書籍のクロスメディア研修を行うことで、より高い履修効果が得られます。

一向に減る兆候が見えない会社や職場における「うつ」。そして、背景に「うつ」があるとされるビジネス人の自殺が年々増加しています。

「うつ」は、「うつ病」、他のこころの病気にともなう「うつ」、身体疾患にともなう「うつ」、一過性の「うつ」、最近では「プチうつ」と呼ばれる言葉が生まれるほど、多様な病態を示します。

「うつ」の発症に関係する職場要因・個人要因もさまざまです。代表的な要因としては、職場では過重労働、人間関係、個人では家族関係などが挙げられます。職場・個人のさまざまなストレス要因と個人のストレス・マネジメントが相まって、「うつ」は発症します。

厚生労働省のメンタルヘルス指針は、企業などに対して、予防+対策+ケアするよう求めています。企業をはじめとする組織は、この指針に準拠することはもちろん、明るく健全で働きやすく生産性の高い職場を作るために、職場から「うつ」を始めとしたメンタルヘルスにともなう障害を取り除く努力が欠かせません。

本DVDは、さまざまなこころの病気の中でも、多くのビジネス人に発症している「職場(社内)うつ」に焦点を絞り、職場全体が「うつ」に対してどう立ち向かっていけば良いかの気づきと、「うつ」追放へのヒントを提供します。 社内、そして職場で起こるメンタルヘルスの代表格、それが「うつ」。職場から「うつ」をなくすために、全従業員に必要な知識と対処法をドラマ仕立てで提供する、メンタルヘルス研修用映像教材。

おすすめポイント

視聴対象:業種・業態・職種・労使を問わない組織の全職員(官公庁、自治体、独立行政法人、業界団体、学校法人、医療関係者、NPO職員も含む)

■「うつ」=「こころの風邪」です。いつ誰が発症するかわかりません。本DVDは「本人」「同僚」の2つの視点から解説しています。ドラマ仕立てでストーリーを展開しているため、「本人」「同僚」それぞれの心理が理解でき、「うつ」への誤解をほどき、本質理解を促す機会を提供します。

■ 第1巻は「職場(社内)うつ」の基礎知識と実態を、第2巻は「職場うつ」にどう対応するかを、第3巻は「うつ」からの職場復帰を描きます。

■ 職場から「うつ」なくすためには、管理職だけではなく全職場構成員の理解と気づきが不可欠です。一般従業員層(非正規社員を含む)への教育研修に有効です。

■ 好評の日経DVD『実践!メンタルヘルス&ストレス・マネジメント』や日経文庫『メンタルヘルス入門』『ストレスマネジメント入門』と併用し、映像・書籍のクロスメディア研修を行うことで、より高い履修効果が得られます。

一向に減る兆候が見えない会社や職場における「うつ」。そして、背景に「うつ」があるとされるビジネス人の自殺が年々増加しています。

「うつ」は、「うつ病」、他のこころの病気にともなう「うつ」、身体疾患にともなう「うつ」、一過性の「うつ」、最近では「プチうつ」と呼ばれる言葉が生まれるほど、多様な病態を示します。

「うつ」の発症に関係する職場要因・個人要因もさまざまです。代表的な要因としては、職場では過重労働、人間関係、個人では家族関係などが挙げられます。職場・個人のさまざまなストレス要因と個人のストレス・マネジメントが相まって、「うつ」は発症します。

厚生労働省のメンタルヘルス指針は、企業などに対して、予防+対策+ケアするよう求めています。企業をはじめとする組織は、この指針に準拠することはもちろん、明るく健全で働きやすく生産性の高い職場を作るために、職場から「うつ」を始めとしたメンタルヘルスにともなう障害を取り除く努力が欠かせません。

本DVDは、さまざまなこころの病気の中でも、多くのビジネス人に発症している「職場(社内)うつ」に焦点を絞り、職場全体が「うつ」に対してどう立ち向かっていけば良いかの気づきと、「うつ」追放へのヒントを提供します。 社内、そして職場で起こるメンタルヘルスの代表格、それが「うつ」。職場から「うつ」をなくすために、全従業員に必要な知識と対処法をドラマ仕立てで提供する、メンタルヘルス研修用映像教材。

おすすめポイント

視聴対象:業種・業態・職種・労使を問わない組織の全職員(官公庁、自治体、独立行政法人、業界団体、学校法人、医療関係者、NPO職員も含む)

■「うつ」=「こころの風邪」です。いつ誰が発症するかわかりません。本DVDは「本人」「同僚」の2つの視点から解説しています。ドラマ仕立てでストーリーを展開しているため、「本人」「同僚」それぞれの心理が理解でき、「うつ」への誤解をほどき、本質理解を促す機会を提供します。

■ 第1巻は「職場(社内)うつ」の基礎知識と実態を、第2巻は「職場うつ」にどう対応するかを、第3巻は「うつ」からの職場復帰を描きます。

■ 職場から「うつ」なくすためには、管理職だけではなく全職場構成員の理解と気づきが不可欠です。一般従業員層(非正規社員を含む)への教育研修に有効です。

■ 好評の日経DVD『実践!メンタルヘルス&ストレス・マネジメント』や日経文庫『メンタルヘルス入門』『ストレスマネジメント入門』と併用し、映像・書籍のクロスメディア研修を行うことで、より高い履修効果が得られます。

一向に減る兆候が見えない会社や職場における「うつ」。そして、背景に「うつ」があるとされるビジネス人の自殺が年々増加しています。

「うつ」は、「うつ病」、他のこころの病気にともなう「うつ」、身体疾患にともなう「うつ」、一過性の「うつ」、最近では「プチうつ」と呼ばれる言葉が生まれるほど、多様な病態を示します。

「うつ」の発症に関係する職場要因・個人要因もさまざまです。代表的な要因としては、職場では過重労働、人間関係、個人では家族関係などが挙げられます。職場・個人のさまざまなストレス要因と個人のストレス・マネジメントが相まって、「うつ」は発症します。

厚生労働省のメンタルヘルス指針は、企業などに対して、予防+対策+ケアするよう求めています。企業をはじめとする組織は、この指針に準拠することはもちろん、明るく健全で働きやすく生産性の高い職場を作るために、職場から「うつ」を始めとしたメンタルヘルスにともなう障害を取り除く努力が欠かせません。

本DVDは、さまざまなこころの病気の中でも、多くのビジネス人に発症している「職場(社内)うつ」に焦点を絞り、職場全体が「うつ」に対してどう立ち向かっていけば良いかの気づきと、「うつ」追放へのヒントを提供します。

目次(Chapter)
※本DVDはVHS版刊行時の第1巻~第3巻の内容を収録しています。

第1巻 「職場うつ」を生まないために
■うつ病とは何か
■うつ病はなぜ起こるのか
■うつ病のさまざまな引き金
■うつ病の症状
■「職場うつ」を生まないために
■エピローグ

第2巻 「職場うつ」が身の回りに発生した
■うつの発症
■自分がうつ病になった場合
■同僚がうつ病になった場合
■マイペース・マイタイム・マイスペース

第3巻 「職場うつ」からの回復
■うつで休んでいる場合の過ごし方
■職場への復帰
■「こころ」をこめて暖かく接する
■うつからの回復
特典映像