内容紹介

ジャスト・イン・タイムからジャスト・イン・ケースへ。
パンデミック、戦争、大地震、気候変動……。危機に対処するためのマインドセットを解説。
★アンガス・ディートン(ノーベル経済学賞受賞)絶賛!
★ドイツビジネス書最優秀賞受賞(2021年)
★フィナンシャル・タイムズ紙ベスト経済書(2021年)

【レジリエンスとは?】
「レジリエンス」はこれからの社会デザインを導く北極星だ。
レジリエンスの本質は、「樫と葦」の寓話にあるように、嵐を乗り切って回復する力にある。樫の木は頑丈で力強い、普通の風に吹かれてもまず倒れそうにない。対照的に、葦はほんの微風でも曲がる。だが、強い嵐が吹き付けたときには樫は弱い。葦は曲がるが折れない。これが、レジリエンスだ。

効率重視の「ジャスト・イン・タイム」から、万一に備える「ジャスト・イン・ケース」へ。冗長性は悪から善になる――。危機対応型のマインドセットに転換しよう!

レジリエンスの定義、レジリエンス重視の社会契約の考え方から始めて、新型コロナウイルス・パンデミックからの教訓、コミュニケーション、イノベーション、ダメージ・コントロール、金融のレジリエンス、インフレ、高水準の債務、不平等などのマクロ的な問題、そして、新興国経済、地政学と世界経済、気候変動といったグローバルな問題に至るまで。気鋭のマクロ経済学者が、どうすれば社会は、ショックに直面しても危機から立ち直れる力を備えることができるのかを考察する。

目次

はじめに
謝辞
序 章 イントロダクション
<第Ⅰ部 レジリエンスと社会>
第1章 レジリエンスと類似概念
第2章 レジリエンスと社会契約

<パート II ショックの封じ込め:新型コロナウイルスの事例>
第3章 パンデミックの波に対する行動反応とレジリエンス幻想
第4章 情報、検査、追跡
第6章 ニューノーマルの設計にワクチンが果たす役割

<パートIII マクロ経済のレジリエンス>
第7章 イノベーションが長期的な成長を促進する
第8章 傷痕
第9章 金融市場のウィップソー:金融レジリエンスの守護者としての中央銀行
第10章 高水準の政府債務と低い金利負担
第11章 インフレーション・ウィップソー
第12章 不平等

<パートⅣ グローバル・レジリエンス>
第13章 新興経済のレジリエンスに関する難題
第14章 新たなグローバル世界秩序
第15章 気候変動とレジリエンス
結論と展望

原注
参考文献