• 訂正箇所:002 235ページ ④再婚禁止期間(733)
  • 誤内容:原則: 女は,前婚の解消又は取消しの日から6か月経過後でなければ,再婚できない ∵ 父の推定の重複を避けるため 例外: ❶女が前婚の解消又は取消しの前から懐胎していた場合 →その出産の日から,再婚可能(733 Ⅱ) ❷前婚の夫と再婚する場合や,夫の生死が3年以上不明であることを理由として前婚につき離婚判決があった場合
  • 正内容:原則: 女は,前婚の解消又は取消しの日から起算して100 日経過後でなければ,再婚できない  ∵ 父の推定の重複を避けるため 例外:❶ 女が前婚の解消若しくは取消しの時に懐胎していなかった場合又は女が前婚の解消若しくは取消しの後に出産した場合(733Ⅱ) ❷ 前婚の夫と再婚する場合や,夫の生死が3年以上不明であることを理由として前婚につき離婚判決があった場合
  • 備考:民法733条の改正(平成28年6月7日公布、同日施行)による訂正事項