【まずはじめにお読みください】
MOS攻略問題集2010をご利用いただく前に、下記注意点をご確認ください。


【MOS攻略問題集 2010】

・本書はMicrosoft Word 2010/Excel 2010/PowerPoint 2010/Access 2010を使用して、Microsoft Office Specialist「Word 2010/Excel 2010/PowerPoint 2010/Access 2010/ Word 2010 Expert/Excel 2010 Expert」を受験する方のためのものです。

・本書の実習および模擬テストプログラムの実施には、コンピューターにWindows 8.1、Windows 8、Windows 7、Windows Vista、Windows XPのいずれかとOffice 2010(いずれも日本語版)がインストールされている必要があります。

・付属CD-ROM/DVD-ROMにはWindows、Office 2010その他のアプリケーションは収録していません。

・お使いのコンピューターにOffice 2010以外のバージョンのOffice製品がインストールされている環境での模擬テストプログラムの動作保証はいたしません。

・本書の実習および模擬テストの実施環境は下記のとおりです。
(本書「はじめに」の「■実習に必要なコンピューターの環境」にも記載されています。)

・OS:Windows 7 SP1(32ビット/64ビット)、Windows Vista SP2(32ビット/64ビット)、Windows XP SP3

・Windows 8.1、Windows 10での動作についてはこちらをご覧ください。

・アプリケーションソフト:Microsoft Office 2010(SP1、32ビット/64ビット)を標準インストールし、ライセンス認証手続きを完了させた状態

・ディスプレイ解像度:1024×768ピクセル以上

・CD-ROMまたはDVD-ROMドライブ(第2版はDVD-ROMドライブのみ)

・Windows XPをお使いの場合は、模擬テストの実施に .NET FrameworkのVersion 2.0以上が必要です。別冊「模擬テストCD-ROMガイドブック」を参照してインストールを行ってください。

・一部の模擬テストの実施には、Visual JSharp .NET Redistributable Package 2.0が必要です。模擬テストプログラムのインストール時にインストール画面が表示されるので、別冊「模擬テストCD-ROMガイドブック」の「●模擬テストプログラムをインストールする」を参照してインストールを行ってください。

・模擬テストの履歴はログインユーザーごとに記録されます。別のユーザー名でログインしてテストを実施した場合は、それまでの履歴は参照できないのでご注意ください。

・タスクバーが画面下以外(上左右)にある場合、アプリケーション画面の一部がタスクバーに隠れることがあります。その場合は、タスクバーを「自動的に隠す」設定にするか、画面下に移動してご利用ください。

・模擬テストの解答操作が複数ある場合は、1つだけを正解と判定することがあります。不正解と判定されても正解操作と思われる場合は、申し訳ございませんが自己判断で学習を進めてください。
本試験の採点基準については、こちらを参照してください。

・正誤判定については弊社独自の基準で行っています。本試験で同じ判定になるという保証はしておりません。

本書についてのよくあるご質問、本書発行後にリリースされたOfficeやWindowsのSPでの動作などに関しては、下記のリンク先をご参照ください。

よくあるご質問と回答