Microsoft Office 2010には32ビット版と64ビット版があり(Windowsの32ビット版、64ビット版とは連動していません)、『MOS攻略問題集』付属の模擬テストプログラムもそれに対応したものをインストールする必要があります。

インストーラが自動判別する場合

以下のテキストをお使いの場合は、インストーラがOffice 2010のビット数を自動判別して、対応する模擬テストプログラムをインストールしますので、確認や操作は不要です。

  • Word 7刷以降、第2版
  • Excel 7刷以降、第2版
  • Access 3刷以降
  • Word Expert 3刷以降
  • Excel Expert 3刷以降

注)PowerPointは32ビット版と64ビット版で別のCD-ROMに収録しています。4刷以降はビット数のチェックは行いますが、CD-ROMは手動で選択する必要があります。以下の「 手動でインストールプログラムを選択する場合」の欄をご確認ください。

手動でインストールプログラムを選択する場合

上記以外のテキストをお使いの場合は、Office 2010のビット数をご確認のうえ、対応する模擬テストプログラムをインストールしてください。インストール方法はテキストの別冊「模擬テストCD-ROMガイドブック」の「1. 模擬テストの準備」をご参照ください。

Office 2010が32ビット版か64ビット版かを調べるには、Office 2010のいずれかのアプリケーション(Word 2010など)を起動して[ファイル]タブの[ヘルプ]をクリックします。右側のバージョン番号の欄に「(32ビット)」と「(64ビット)」のいずれかが表示されています。

Windowsが64ビット版の場合でも、Office 2010の32ビット版がインストールされている場合があります(こちらの方が多数です)。上記はWindowsのビット数ではない点にご注意ください。

Office 2010の64ビット版をお使いで、
32ビット版の模擬テストプログラムをインストールしてしまった場合

テキストの別冊「模擬テストCD-ROMガイドブック」の「模擬テストプログラムをアンインストールする」の手順に従って32ビット版の模擬テストプログラムをアンインストールした後、インストールされているプログラムの一覧に「Microsoft Visual J# 2.0 Redistributable Package」があった場合は、そちらもアンインストールしてください。

その際、「Microsoft Visual J# 2.0再配布可能パッケージを削除すると、他のプログラムが正しく動作しなくなる可能性があります。」というようなメッセージが表示されますが、[はい]をクリックして削除してください。

「Microsoft Visual J# 2.0 Redistributable Package-SE(x64)」と表示されている場合は64ビット版Microsoft Visual J# 2.0 Redistributable Packageがインストールされていますので、アンインストールは不要です。