新発見やイノベーションは既存のアイデアの「組み合わせ」から生まれると言われるが、既存のアイデアをどう模倣し、組み合わせているのか? そこで役に立つのがアナロジー(類推、類比)思考である。トヨタ生産方式も、アメリカのスーパーマーケットの仕組みから「コンセプト」を模倣している。遠い分野のコンセプトを模倣し応用するアナロジー思考は、すべてのビジネスパーソンに役立つ。 『ビジネス思考力を鍛える クイズで特訓50問』(日経文庫) から一部を抜粋してお届けする。

アナロジーを考える3つのポイント

【問題】検索エンジンとオモチャのビジネス上の共通点は何でしょう?
あらゆる発想は、類推(アナロジー)することから始まる Sergey Nivens/Shutterstock.com
あらゆる発想は、類推(アナロジー)することから始まる Sergey Nivens/Shutterstock.com
画像のクリックで拡大表示

 本問の解説に入る前に、このようなビジネス上のアナロジーを考える上での一般的な考え方のポイントを3つ解説しておきましょう。

①唯一の正解があるわけではない。

 当たり前ですが、検索エンジンとオモチャの共通点は1つではありません。例えば、

・顧客が人間である
・地球上でビジネスをしている
・男性も女性も使う
・法令に準拠しなければビジネスを続けることはできない
・インターネットを活用している

と挙げればいくらでも出てきますが、「そんなこと当たり前だろ!」という声が聞こえてきそうです。では、これらの共通点はなぜ挙げてもあまり意味がない(本問題の解答としてはふさわしくない)のでしょうか?

 考えればわかると思いますが、要は先に挙げた項目はいずれも「ほとんど、どのビジネスにも当てはまる」共通点だからです。これは「共通点を抽出する」という抽象化の根源的な性質に結びついています。このことが次のポイントにつながっていきます。

②なるべく「その2つに固有」の共通点を探す

 ①で挙げた「当たり前」事例の逆を考えればこれは自明でしょう。もっとも、似たようなクイズやなぞなぞを出されたときに私たちは無意識のうちにこのような姿勢をとっているはずです。したがって実際には「顧客が人間である」といったバカげた答えを思い浮かべた人はほとんどいないと思います。

③ただし、完全に「その2つだけ」の共通点だと応用が利かない

 ここが少し難しいところですが、そもそもアナロジーというのは、応用を利かせるために活用するものなのです。世界中でその2つにしか当てはまらない共通点を探し出しても、他への応用が一切できないので、そのあたりのさじ加減をうまくやるのがアナロジーの秘訣です。

検索エンジンとオモチャの共通点とは……

【解答】「使う人」と「お金を払う人」が違う

 前置きが長くなりましたが、本問の解説に移ります。Googleに代表される検索エンジンと、オモチャのビジネス上の共通点は、解答で示したように、使う人(ユーザ)とお金を払う人(顧客)が違うことです。

 ご存じのように検索エンジンのビジネスは主として広告料金で成り立っています。したがって、世界中に何億といるユーザのほとんどは毎日何度もこのサービスを利用しているにもかかわらず料金を一切支払っていません。

 それは、その検索頻度を向上させることによって広告価値を高め、広告のスポンサーが広告料を支払うことでこのビジネスが成立しているからです。

 ではオモチャはどうでしょうか? これはあくまでも小さな子供用のものを前提としていますが、こちらも実際に使う子供たちには支払い能力がないので、たいていの場合は親や親せきといった大人たちがその料金を支払っています。

 つまり、これらのビジネスの購買決定要因を考える上では「2種類の利害関係者」のことを常に考えておく必要があるのです。もちろん多くの面でこれら2者の利害関係は一致する(多くのユーザが使えば広告主は喜ぶし、子供が楽しめるオモチャを与えれば親も楽ができる)わけですが、時としてこれらの利害関係が一致しないこともあります。

 広告であれば当該ブランドイメージに反するようなサービス、オモチャであれば教育上良くないものなどがこれに相当します。

 このような共通点を考えることで、「利害関係者が複数いる」と抽象化してみれば、ビジネスにおいて関係者間にコンフリクト(あつれき)が起きるときにそれぞれのビジネスがどのように対応しているかを他のビジネスでも参考にすることができます。これがアナロジーによって一見異なるビジネスの共通点を見つけるメリットと言えます。

コンサルタントの問題発見&解決力が身につく

具体・抽象思考、アナロジー思考、仮説思考など、コンサルタントの思考法が学べるクイズ集。考える力を向上させたい人を対象に、自分の頭で考えるアウトプットの機会を提供、厳選された50問から良質なトレーニングを経験できます。

細谷功著/日本経済新聞出版/定価990円(税込み)