内容紹介

好評書籍「薬歴スキルアップ虎の巻 基本疾患篇」に続く第2弾。
患者にどのような質問を投げかけて薬学的な問題点(プロブレム)を引き出せばよいか、そしてその問題点にどう対応していけばよいのか--。
12の代表的な慢性疾患について、薬局薬剤師が最低限知っておくべき疾患に関する知識に加え、来局患者に対してチェックすべきポイントと、そこから導き出されるプロブレム例を具体的に提示。POS(Problem Oriented System:問題志向型システム)に基づく薬歴管理を実践するためのヒントを満載しています。

取り上げている12の慢性疾患は以下のとおりです。
●高尿酸血症・痛風 ●甲状腺機能異常症 ●骨粗鬆症 ●慢性肝炎 ●不眠症 ●頭痛 ●貧血 ●潰瘍性大腸炎・クローン病 ●腰痛症 ●更年期障害 ●中耳炎・副鼻腔炎 ●てんかん

シリーズ3部作の【基本疾患篇】【専門疾患篇】をあわせてお読みいただければ、日常業務で出会う多くの疾患(36疾患)について、POS薬歴管理に必要な知識とノウハウを習得できます。本書と共にぜひご活用ください!