内容紹介

システム開発の常識をくつがえす!
アプリケーションを自動生成する開発ツール「GeneXus」
まずは、この入門書で、アプリケーション開発を体験。


「アプリケーションを自動生成する」「必要なのは設計だけ、プログラミングは不要」…。こんな開発ツールが存在するとしたら。
「GeneXusとは、本当に使えるツールなのだろうか」、「自動生成というのは本当なのだろうか」という半信半疑の方も多いかと思います。また、ツールの評価をしたいが、利用方法がわからないという方もいるでしょう。

本書は、日本でも利用が広がり始めた開発ツール「GeneXus(ジェネクサス)」を、初めて利用する方に向けた入門書です。「GeneXus」の評価版を使用し、簡単なWebアプリケーションを作りながら、「GeneXus」の使い方を説明していきます。「GeneXus」をアプリケーション開発に、うまく活用することができれば、大幅に開発効率を高めることが可能となります。また、ユーザー企業自身が、「GeneXus」を使用して業務アプリケーションの開発を内製化することも可能です。その際に必要なスキルはプログラミングのスキルではなく、業務を理解して設計する力です。「GeneXus」を理解する近道は、実際に開発を体験することです。まずは、本書を基に簡単な業務アプリケーション開発からはじめてみましょう。