内容紹介

 システム開発の現場で「プロジェクトマネジメント」が当たり前になった今でも、多くのプロジェクトが“デスマーチ”と化す状況は相変わらずです。なぜ、プロジェクトはうまくいかないのでしょうか?

 プロジェクトとは常に「固有」の取り組みであり、繰り返しがありません。各プロジェクトに応じた成功の道筋を描かないと、プロジェクトマネジメントを機能させることはできないのです。プロジェクト成功の道筋を描く事こそが「プロセスデザイン(プロセス設計)」です。

 本書では、プロセス設計の観点から「なぜ、プロジェクトマネジメントが機能しないのか」を明らかにします。失敗を未然に防ぐために必要となるプロセス設計の手法やツールも紹介し、経験の浅いプロマネが「いつ、何からどう手を付けたらいいのか」で悩まないように道筋を示しながらわかりやすく解説します。