• 訂正箇所:002 72ページ 「7-2 共有と法定地上権の成立の可否」の表組み 事例の2つ目
  • 誤内容:土地がBCの共有で,建物がBの単独所有の場合において,土地にAのために抵当権が設定され実行された場合
  • 正内容:土地がBCの共有で,建物がBの単独所有の場合において,建物にAのために抵当権が設定され実行された場合