内容紹介

ドローンが社会に急浸透しつつあります。ビジネスでの活用が勢いづき、日本のビジネス用途の市場は年間1000億円に成長する見通しです。農薬散布、高速道路の点検、メガソーラーのパネル点検、テレビ撮影など用途は様々です。さらに、物流や遭難者の捜索や危険区域での作業などにドローンを活用する動きも出てきています。その一方、市場の拡大に合わせてベンダーの競争が激化し、製品がより洗練されていくことで、ドローンの性能は今後さらに飛躍的に高まります。時速200kmで飛行し、航続時間は1時間にまで伸びるといわれています。それに伴い充電ステーションなどのインフラが整備され、メンテナンスなど周辺サービスもぐっと充実してくる見込みです。ドローン活用の流れはもはや止まらない、と言っても過言ではありません。

そこで、日経BPクリーンテック研究所は、世界のドローンの製品ラインナップ、各国の取り組みを調査し、ドローンによる“空の産業革命”がどのように進展していくのか、今後のシナリオを含めてまとめました。ドローン活用に関心のある企業に必携のレポートです。

◆本レポートの特徴

【1】世界の製品ラインナップ173モデル、開発企業124社を網羅
【2】製品分析とロードマップ作成、構成部品の詳細解説
【3】2030年までの普及シナリオと市場ポテンシャルを掲載
【4】ドローンの応用50分野を、事例を入れて分かりやすく解説

※本商品はお取り寄せ商品につき、発送までに1週間程度かかります。