内容紹介

医者から「抗がん剤をつかいましょう」と言われたら・・・・
がん治療における不安と疑問に、大学病院の専門家が答えます。


がん治療は、大きく変化しています。恐れられていた抗がん剤の副作用に対しても、さまざまな対処法が開発されています。
がん治療は、患者とその家族に多くの負担をかけますが、正確な情報をもとに抗がん剤の副作用の知識を身につけることで、副作用を早期に発見し対処することが可能になり、スムーズながん治療が可能になります。

本書は、がん治療の中でも抗がん剤の副作用とその対策に絞って、大学病院の各領域の専門家が詳しくわかりやすく解説したものです。様々な新薬が登場し急速に進歩している薬物治療の効果を、十分に享受するための情報を収録しています。

【 主な内容 】
がんの治療・抗がん剤治療について
  ● がんの治療にはどんな方法がありますか?
  ● 抗がん剤治療は何のために行うのですか? ほか

抗がん剤の副作用とその対応
 皮膚や爪、血管の症状
 過敏性反応
 血液毒性、感染症
 消化器症状
 感覚器・筋肉や関節の症状
 臓器障害
 性機能障害
 その他の全身的な症状

その他、がん治療に関する情報
  ● 免疫療法とはどんな治療法ですか?
  ● 代替療法(だいたいりょうほう)とはどんな治療ですか? ほか