内容紹介

おすすめポイント

「明るく、温かく、たのしいもの」をと願って描いた小倉遊亀の名作「径(こみち)」。母親をまねて日傘をかざして歩く幼女とその後に従う犬。人気の絵の精緻な印刷による複製画が付く飾って楽しめる額装本。