内容紹介

「落ちこぼれ」と言われ傍流を歩んできた三男坊が運命のいたずらで社長就任。「独裁者」「バカ殿」と呼ばれながらも自らを信じ進めてきた世界企業タケダへの改革。その半生記を抱腹絶倒のエピソードとともに綴る。

おすすめポイント

「落ちこぼれ」と言われ傍流を歩んできた三男坊が運命のいたずらで社長就任。「独裁者」「バカ殿」と呼ばれながらも自らを信じ進めてきた世界企業タケダへの改革。その半生記を抱腹絶倒のエピソードとともに綴る。