内容紹介

後を絶たぬ会計不正。少しでも業績をよく見せたいトップ。このくらいは許されると勝手に判断する担当者。ウソを見抜けない会計士。日本の監査の実態に最前線を知る会計士が鋭く斬り込み、大胆な処方箋を提示する。

おすすめポイント

後を絶たぬ会計不正。少しでも業績をよく見せたいトップ。このくらいは許されると勝手に判断する担当者。ウソを見抜けない会計士。日本の監査の実態に最前線を知る会計士が鋭く斬り込み、大胆な処方箋を提示する。

カネボウなど不正への関与をきっかけに消滅した青山監査法人の代表社員であった筆者が、自らを真摯に振り返りつつ、信念と愛情をもって綴った「会計制度改革試案」。