内容紹介

単独主義から協調主義へと転換をはかる米国オバマ政権。目前の危機に各国はいかに対処しうるのか。歴史的・構造的視点から現代世界の見取り図を示し、「知識基盤」がカギを握る新たなパワー原理を提示する。

おすすめポイント

単独主義から協調主義へと転換をはかる米国オバマ政権。目前の危機に各国はいかに対処しうるのか。歴史的・構造的視点から現代世界の見取り図を示し、「知識基盤」がカギを握る新たなパワー原理を提示する。

オバマ政権の誕生を受け、中長期的な視点から米国と世界の動きを鳥瞰した話題の書!アジアの状況に加え、日本の課題を提示。世界秩序はどのように変化するのか、いくつかの論点から新たな世界像を描き出す。