内容紹介

職人の技と知恵は、どのようにして培われてきたのかを、50年間町工場で旋盤工として働いてきた著者が、今までに出会った多くの職人の言葉や自らの体験をもとに軟らかに描き出し、あるべき仕事のかたちを探った傑作。

おすすめポイント

職人の技と知恵は、どのようにして培われてきたのかを、50年間町工場で旋盤工として働いてきた著者が、今までに出会った多くの職人の言葉や自らの体験をもとに軟らかに描き出し、あるべき仕事のかたちを探った傑作。

「職人」という存在を通して、仕事に取り組む姿勢、知恵の出し方といった、働く人のすべてに共通するテーマを具体的に探った一冊です。