内容紹介

借金と飢饉で日本一の貧乏藩といわれた米沢藩を建て直すために、一生を捧げた上杉鷹山。永続的な改革手法は、今なお輝きを失っていない。この天才的指導者の足跡を、現代の経営的な視点を交えて捉え直した刮目の書。

おすすめポイント

借金と飢饉で日本一の貧乏藩といわれた米沢藩を建て直すために、一生を捧げた上杉鷹山。永続的な改革手法は、今なお輝きを失っていない。この天才的指導者の足跡を、現代の経営的な視点を交えて捉え直した刮目の書。

経営コンサルタントの視点から、改革手法を詳細に分析。特に鷹山の「動機づけ」手法の素晴らしさを、分かりやすく展開します。