内容紹介

日本の電機メーカーが苦境にあえいでいる。いまを逃せば、改革のタイミングはもう来ない。AVやパネルなど稼ぎ頭の今後、インフラやエネルギー関連など新分野での競争を徹底取材。「あるべき姿」を描き出す。

おすすめポイント

日本の電機メーカーが苦境にあえいでいる。いまを逃せば、改革のタイミングはもう来ない。AVやパネルなど稼ぎ頭の今後、インフラやエネルギー関連など新分野での競争を徹底取材。「あるべき姿」を描き出す。

2010年11月~2011年12月にかけて日経新聞に連載された「電機の選択」に大幅な加筆・修正を行って書籍化。最前線の取材記者が、復活への道筋を探ります。