内容紹介

大正から昭和初期、電気化学工業を興すことで「国の柱」になろうと邁進し、その一生を献げた主人公・牧玲睦と、彼を取り巻く男たち。その活躍や苦悩を通じ「男にとっての好日」とは何かを問うた城山作品の代表作。

おすすめポイント

大正から昭和初期、電気化学工業を興すことで「国の柱」になろうと邁進し、その一生を献げた主人公・牧玲睦と、彼を取り巻く男たち。その活躍や苦悩を通じ「男にとっての好日」とは何かを問うた城山作品の代表作。

城山文学円熟期を象徴する傑作!
解説は、生前親交のあった経営学者・加護野忠男氏。漫画家のながいのりあき氏が本書をもとに「週刊コミックバンチ」に『男たちの好日 もう一つの経済創世記・牧玲睦物語』を連載。「かじめ焼き」という聞き慣れない単語などの理由からネットを中心に一部に熱狂的なファンを生み出した。