内容紹介

闇に浮かぶ五つの生首。陰陽師の弓削是雄を襲う怪異はやがて残虐な殺人事件として都を騒がす……。空を自在に駆ける鬼の哀しき正体を描く「空中鬼」に、新たな鬼との闘いを予感させる文庫初収録作「妄執鬼」を加えたオリジナル文庫。

おすすめポイント

闇に浮かぶ五つの生首。陰陽師の弓削是雄を襲う怪異はやがて残虐な殺人事件として都を騒がす……。空を自在に駆ける鬼の哀しき正体を描く「空中鬼」に、新たな鬼との闘いを予感させる文庫初収録作「妄執鬼」を加えたオリジナル文庫。

鬼と陰陽師の闘いはついにクライマックスへ!
弓削是雄と紀温史、淡麻呂、芙蓉、甲子丸、髑髏鬼というお馴染みの仲間に、「空中鬼」では敵対していたはずの蘆屋道隆が、さらに「妄執鬼」では秦の一族・夜叉丸も仲間に加わり、さらなる物語展開への期待も膨らむ、現時点でのシリーズ最終作。文庫版あとがき「新たなる旅立ち」も収録しています。