内容紹介

嘉吉の乱の敗亡から15年――。南朝の帝を討ち、神璽を奪還することで主家再興を図ろうと、播磨の名族・赤松家の遺臣たちは吉野へ潜入する……。歴史・伝奇小説で独自の境地を拓いてきた筆者渾身の本格歴史長篇。

おすすめポイント

嘉吉の乱の敗亡から15年――。南朝の帝を討ち、神璽を奪還することで主家再興を図ろうと、播磨の名族・赤松家の遺臣たちは吉野へ潜入する……。歴史・伝奇小説で独自の境地を拓いてきた筆者渾身の本格歴史長篇。

史実を丹念に追いながら、英雄たちを陰で支えた人物にスポットを当て、時の権力者たちの争いに翻弄されながら、乱世を生きる希望と失望・悲哀といった人間の姿を描き出した、歴史小説の評者たちの間での評価が高い作品。