内容紹介

役所勤めの私が迷い込んだ町には、週に一日だけ古い日本映画をかける映画館があった。スクリーンの中には美しい日本があり、映画のあと立ち寄る居酒屋にはまぶしい人たちがいた……。居酒屋の達人が描く懐かしい物語。

おすすめポイント

役所勤めの私が迷い込んだ町には、週に一日だけ古い日本映画をかける映画館があった。スクリーンの中には美しい日本があり、映画のあと立ち寄る居酒屋にはまぶしい人たちがいた……。居酒屋の達人が描く懐かしい物語。

居酒屋エッセイで大ブレークした著者の原点ともいえる小説が待望の文庫化。単行本時のタイトル『黄金座の物語』を改題、解説は映画評論家の佐藤忠男氏。