内容紹介

竹島、徴用工、レーダー照射――。隣国で同じ自由主義圏でありながら対立が深まってしまっている日韓。その断絶の構造を明らかにする。

おすすめポイント

「常識」は通用しないのか――。日経前ソウル支局長が、最悪期にある日韓関係の真実を解説

竹島、慰安婦、徴用工、レーダー照射――。戦後70年かけて構築された日韓関係が相次ぐ韓国の判断によって脆弱になってしまっています。なぜこのような状況になってしまったのでしょうか?

本書は、ソウル支局長として文在寅政権の誕生を見、帰国後は韓国担当編集委員としてウォッチし続けてきた記者が、複雑に絡み合った日韓関係を実体験と最新の政治経済情勢に基づいて読み解くもの。

保守系政党は相次ぐ失策によって当分政権に復活することは期待できません。日本は文政権と同様のリベラル政権と10年近くつきあうことになります。それだけに彼らの考えをきちんと理解することが欠かせません。

日韓関係がもつれてしまった背景を理解するためには、歴史的な要因と文在寅政権の判断とに分けて構造的にとらえる必要があります。例えば、現在韓国政治においては反日の傾向が強いのですが、それを引っぱっているのは、かつて「386」世代と言われ、今、「586」世代と言われている世代です。「586」世代とは、今、50代で、80年代に学生運動を経験し、60年代に生まれた世代です。

一方経済面では、文在寅政権は最低賃金引き上げなどの政権公約実施によってかえって経済状況を悪化させてしまい、国民の不満の鉾先を反日に向けてやり過ごそうとしている面もあります。

個々の韓国人を見ると親日的であり、日本人も韓国で暮らして不快な思いをした人はほとんどいません。そんな人々がどこで反日のスイッチが入ってしまうのか、それをどのように乗り越えていくべきかについても本書は突き詰めます。もう韓国には我慢できないと思っている方、いま韓国で起こっていることを本当にご存じでしたか?

徴用工判決、自衛隊機へのレーダー照射、従軍慰安婦問題、韓国国会議長の謝罪要請発言――。日韓関係は国交正常化以降最悪期を迎えていると言っても過言ではありません。なぜこのような事態に陥ってしまったのでしょうか。

本書は、積弊清算の持つ意味から民心の正体、知日層の衰退まで、従来の安全装置が利かなくっている原因を、日経新聞前ソウル支局長が6年半にわたる駐在経験に基づいて解明するもの。一方的に韓国の欠点をあげつらう嫌韓本とは一線を画した、韓国が何を求め、どこでボタンの掛け違いが生まれているのかがわかる内容です。

(2019.5.20)