内容紹介

話題の米中テクノロジー企業8社(グーグル、アップル、フェイスブック、アマゾン/バイドゥ、アリババ、テンセント、ファーウェイ)の戦略を最新情報を交えて分析。

おすすめポイント

米中新冷戦時代、
全産業のルールをこの8社が塗り替える!


◎GAFA(グーグル、アップル、フェイスブック、アマゾン)
◎BATH(バイドゥ、アリババ、テンセント、ファーウェイ)
話題の米中巨大テクノロジー企業(メガテック)8社の全容と戦略を、1冊で平易に完全理解できる初めての本!

もはやこの8社なしにビジネスは語れない!

なぜすごいのか。何がすごいのか。
これならわかる!


[具体的には?]
●新聞やニュースでその名を見ない日はない、話題の、GAFA(グーグル、アップル、フェイスブック、アマゾン)とBATH(バイドゥ、アリババ、テンセント、ファーウェイ)。
その事業形態と戦略を最新情報を交えて平易に分析します。

●「テンセントって中国のフェイスブックでしょ? 何がすごいの?」
「ファーウェイ問題の本質はどこにある?」など、今さら聞けない“そもそも”から、「次なる各社の目論見は?」「日本の活路は?」など、“深層”まで読み解けます。

●8社を「分類→比較→分析」するのが本書の大きな特長。
著者独自の「5ファクターメソッド」を用いて、各企業の「道(戦略目標)/天(タイミング)/地(市場・業界構造)/将(リーダーシップ)/法(マネジメント・収益構造)/」を、丁寧に分析していきます。

[本書で見えてくるもの]
1プラットフォーマーの覇権争いの行方
2今や先駆者利益を創造する存在である中国勢の動向
3同じ事業ドメインから異なる進化を遂げる理由
4産業・社会・テクノロジー・あるべき企業の未来
5日本の未来、あなたの進むべき道「ユーキャン新語・流行語大賞」にノミネートされるなど、「GAFA(ガーファ)」という言葉は2018年のビジネス界を席巻しました。そのGAFAに続き、話題を集めること必至なのが中国メガテックの「BATH(ビーエーティーエイチ)」です。

本書では、GAFAとBATHを比較し、分析しています。結果、まるでミステリーを読み解くかのように各社の戦略や思惑が結びつき、世界の産業の行く末を見通すことができます。これまで断片的に知っていた各社の状況を包括的に整理できて、スッキリする方も多いはずです。

自動運転バスの実車の感想、ファーウェイ問題の本音のところなど著者が実際に“足で得た”リアルな情報も随所に組み込まれ、臨場感とともに読み進めていただければと思います。

この本で、新聞やニュースがさらに興味深くなること請け合いです!

(2019.4.8)