内容紹介

中計は本当に役立たないのか。本書は、不確実な未来をとらえ、実行につなげる、「本当に役立つ経営ビジョン」の策定手法を解説する。

おすすめポイント

新元号「令和」がスタートし、2020年という節目は目前、足元の業績も好調ないまこそ、次の成長に向けての長期ビジョンをつくろう!
という経営者は多い。

とはいえ、だいたいは社長およびその周辺だけが乗り気になっており、経営企画や現場は当惑する、というケースも少なくないようだ。

例えば、こんなパターンだ。
―10年後の話なんて、どこから手をつけていいかわからない
―そもそも、そのころどんなテクノロジーが出てきているかもわからないし、予想するだけ時間の無駄だ
―この忙しい時期に、悠長にそんなものをつくっているヒマはない
―2010年ごろもそういうのをつくったが、役に立っていないし、みんなもう覚えてないよ
……などなど。

いずれも、ごもっともである。
しかし、では未来のことを考えなくてもいいかと問われると、
もちろんその必要性はみんなが認識している。

本書は、意味のある「中長期ビジョン」を作り上げ、
実行にまで落とし込んでいく手法を解説するものである。

◆本書の特徴。
―実際に企業の未来ビジョン策定を手伝ってきた著者が、具体的な事例をもとに展開する
―陥りやすいワナ、ありがちな失敗をとりあげ、それらを防ぐ方法を紹介する
―線形予測(少子高齢化、デジタル化など、誰もが予測できる未来)と非線形予測(非連続的で、業界構造を破壊してしまうインパクトを持つ変化)のかけ算で、自らつくるべき未来を描く「未来洞察」の手法を説明
―実践的な9つのステップを解説。長期ビジョン作成から現場に浸透させ、実行計画にまで落とし込む段階までをフォローする。