内容紹介

新時代に対応した「改革」か、大蔵省への先祖返りか。「見捨てられる金融機関」はどこなのか。日経記者が描く「新・金融庁」の実態。

おすすめポイント

旧大蔵省から金融監督部門が分離独立してから20年の節目に当たる2018年7月、金融庁が初めて組織を刷新した。
新しい陣立てに込められた狙いはグローバルで複雑な現代の金融ビジネスに追い付き、ITとの垣根が消える近未来に備える体制づくりだ。

地銀をはじめとする既存金融機関を、新しい金融庁はどう見ているのか。
「金融庁検査マニュアル」が廃止されたあと、検査のあり方はどうなるのか本当に、金融庁は仮想通貨・フィンテック時代に対応できるのか。

10年以上同庁の取材にあたってきた日経のコメンテーターと経済部記者が、正解の見えない模索を続ける金融行政の現場のここまでを検証し、次の展開と課題を示す。

◎金融庁1.0
不良債権処理という最大の課題を解決するため、厳格な審査で金融機関を追い込む役割を担う

◎金融庁2.0
仮想通貨が登場し、IT系スタートアップをはじめさまざまなディスラプターが跋扈する時代にあった「規制のあり方」を考える