内容紹介

正気を失ったトランプが核のボタンを押す――最悪シナリオを米軍はどう回避したのか。大混乱の政権移行とバイデン政権初期を描く。

おすすめポイント

「NHK NEWS おはよう日本」(2022/1/5放送)で紹介された話題作!

史上最も騒然とした政権移行は
核兵器を使った米中戦争という
国家存亡の危機に瀕していた。

重い影を背負ったバイデン政権の実態。
復讐を誓うトランプ復活の未来。
著名記者が放つ全米大ベストセラー。


「トランプが具現している政治は、どこかが根本的におかしいし、間違っている」
「この男は、本当はアメリカの大統領ではないんだ」
――ジョー・バイデン

「バイデンは大量の票を握っている。トランプのための票を。それをトランプは取り戻したいんだ」
トランプの前選挙対策本部長ブラッド・パースケールは周囲にいった。
「トランプはそれをカムバックだとは見なしていないと思う。復讐だと見なしている」

* * *

現職大統領トランプが選挙不正を唱え続けるなか2021年1月6日に発生した議会襲撃事件は、トランプからバイデンへの政権移行が国家存亡の危機を招く可能性を強く示していた。
襲撃事件直後、統合参謀本部議長マーク・ミリーは、1933年にナチスが起こしたドイツ国会議事堂放火事件をトランプが再現しようとしているのではないかと懸念した。
事件を利用してナチスは独裁を完成させたが、同じような混乱をもたらすためにトランプは核兵器を使うのではないか。トランプが核のボタンを押せば数分内に何個でも核弾頭が発射できるが、その決定に至るまで誰の助言を聞く必要もない。
本書で調査報道の名手ボブ・ウッドワードと政治記者ロバート・コスタが暴き出すのは、まさに開戦の危機に直面していたアメリカの姿である。200名以上の関係者にインタビュー、さらにこれまで明らかにされてこなかったメモ、電話記録、日記、メール、会合記録といったプライベートな記録や政府資料から、トランプのホワイトハウス、大統領選、政権移行の大混乱、国防総省、議会、バイデン政権の実態を明かす。
バイデンは前大統領の重苦しい影を背負った。パンデミック、悪化する経済、党派主義がはびこる政治、危険に満ちた国際関係。
「この危機の冬、私たちにはやることが大量にある」と就任演説で語ったバイデンは、実際に何をやったのか。本書は、トランプ政権の終わりとバイデン政権の始まりという、史上最も騒然とした政権移行を描くものである。