内容紹介

古生代、中生代、新生代を俯瞰し、生命がどのように生まれ、時代を生き抜き、進化したのかを圧倒的なビジュアルとともに見る、壮大なドキュメンタリー(全2巻)。「ダーウィンが来た!」「NHKスペシャル」などNHKが10年にわたり放送してきた恐竜・古生物関連の番組をもとに、担当したディレクターが書き下ろす。

第1集「生き物の原型が作られた」では、地球誕生から古生代、中生代 三畳紀までを網羅。カンブリア紀のアノマロカリスやオパビニア、デボン紀の巨大魚ダンクルオステウスや海サソリ、陸上への進出を果たしたテトラポッド、大繁栄した単弓類ディメトロドンなど人気の古生物も数多く登場する。

(中生代 ジュラ紀から新生代までを取り上げる第2集は今夏に発売予定。)

【目次】
はじめに
序章 生命の躍進年表
1章 生命誕生の下地 海があったから生き物が育まれた
2章 生命大爆発のピース 地球の活動と生命の進化
3章 「目」の誕生 目を生んだ遺伝子
4章 節足動物対脊椎動物 ゲノムの重複
5章 ついに上陸 知られざる海からの上陸物語
6章 陸上制覇、母乳の獲得
7章 台頭する恐竜と小さな存在の哺乳類
用語集/索引/クレジット/参考文献