内容紹介

「100年に1度」の激変期をズバリ読み解く! 

新型コロナウィルスの感染拡大で、「100年に1度」の危機に直面した世界経済。はたして2021年は、どこまで盛り返せるのだろうか。
菅義偉新政権や米大統領選挙結果など最新状況を盛り込んだうえで、世界経済・日本経済の最新動向を、大和総研のトップ・エコノミストが明快に解説する決定版テキストです。

[米国] 新大統領は経済再建で前途多難
[欧州] EU統合深化は経済復興の鍵となるか
[中国] 懸念されるデジタル専制主義
[新興国] 政策運営能力が試される
[SDGs] 「行動の10年」が始まった
[日本] リスクシナリオは感染拡大

本書では、大和総研の選りすぐりのエコノミストたちが、世界経済を理解するうえで必要な基礎知識を、やさしく、わかりやすく解説します。そして、これらの基礎知識を踏まえて、2021年以降の世界経済を多面的に展望・考察します。この一冊さえ読めば、世界経済に関する基礎知識を習得できると同時に、世界経済の展望が簡単に頭に入る構成になっています。