内容紹介

私は、母と「誰かの精子」の間に生まれた――
不妊治療と生殖ビジネスの深い闇を、当事者が暴く。人間の倫理を問う、出色の科学ノンフィクション。

オーストラリアの著名ジャーナリストである著者は、27歳のとき、自身がドナーによる精子提供で生まれたことを知り、生物学上の父親を探す調査を開始した。
いまやドナーによる懐胎(DC)は世間の認識以上に広く浸透しているが、その実情は世間の想像以上に異様で、多くの問題をはらんでいる。
DC児たちにドナーが誰かを知る権利は保証されていないため、持っているかもしれない遺伝性の疾患や、いるかもしれないきょうだいの存在、あるいはその数を知るすべはない。
本書は「第三者の生殖細胞から誕生した人間」について、また「人間を繁殖させること」について、DCの当事者が10年という歳月をかけて綴ったものである。

母の不妊治療医ヤン・カルバート自身が精子ドナーだと知り、これまでに世界各地から75人の異母兄弟を見つけたジョーイ・ホフマンによる国連でのスピーチより:
「自分が大量生産された人間というモノのひとつに思えてきます。(中略)
どうかお願いです。これからは子どもたちの基本的な権利や利益を、優先リストの最下位に置くのではなく、最優先にするように努めてください」

【目次】
プロローグ

1 父だと思っていた人
2 私を失った私
3 人工授精の始まり
4 体外受精とビジネスの幕開け
5 失われた情報
6 法の不在
7 養子縁組制度とDC
8 声を上げるDC児たち
9 リスクとともに生きる
10 ずさんな医療記録
11 DCによるHIV感染の実例
12 感染ドナー排除への道のり
13 記録破棄と金銭の授受
14 機能しないマッチングシステム
15 ナレル・グレッチのストーリー
16 公の場で自分を語る
17 望めば子どもは手に入るのか
18 テレビ出演
19 純粋なコミュニティーの成立
20 偶発的近親相姦
21 何百人もいるかもしれない兄弟姉妹
22 堂々巡りの果てに
23 公にされた外部調査結果
24 公にされなかった外部調査結果
25 搾取されるドナーたち
26 命の過剰生産
27 胚の取引にある闇
28 実際には売買される配偶子
29 とんでもない不妊治療医
30 レイプまがいの精子提供
31 DNA検査で見つけたもの
32 遺伝子系図のスーパー探索者
33 見つけたかもしれない
34 本当の父に会う
35 永遠に続く不安

エピローグ

付録 DCと代理出産における国際原則(草案)
謝辞
原注

【著者紹介】
サラ・ディングル Sarah Dingle
国営放送であるオーストラリア放送協会(ABC)の調査報道記者兼司会者。テレビ番組、ラジオ番組で時事問題を扱い、国内でその年の最も優れたジャーナリズムに贈られるウォークリー賞を2度受賞。その他、女性や子供への暴力を扱う優れた報道に送られるウォークリー財団Our Watch賞、オーストラリア国連協会メディア平和賞、アムネスティメディア賞、動物保護慈善団体Voicelessメディア賞、オーストラリア教育大学メディア賞の受賞歴を持つ。2010年、ABCのアンドリュー・オーレ奨学生に選出。

【訳者】
渡邊 真里
法政大学文学部卒業。ソフトウェア開発会社、翻訳会社に勤務後、独立。訳書に『生物の進化大図鑑』(河出書房新社、共訳)、『WOMEN 世界を変えた偉大な女性たち』(ポプラ社、共訳)、『恐竜と古代の生物図鑑』(ポプラ社)などがある。