内容紹介

関ヶ原における手に汗握る攻防は、
後の徳川幕府の創作だった!
 “天下人・秀吉”の後継をめぐる争いの知られざる真実に迫る。

 天下分け目の戦として知られる関ヶ原の戦いは、徳川家康(東軍)が周到な準備の下勝つべくして勝ち、石田三成(西軍)は負けるべくして負けたという予定調和のストーリーで描かれるのが定番だ。しかし、当時の資料や客観的な情勢をみると、それは必ずしも事実ではない。すべては結果論。家康は「勝てば官軍」であったに過ぎず、この戦における本来の“官軍”は西軍の方だった。関ヶ原に至る過程では、内閣筆頭として“官軍”の側にいたはずの家康が“賊軍の将”に転落して絶体絶命の状況に追い込まれたが、起死回生の逆転勝利を収めることで勝てば官軍となり、逆に三成率いる西軍が「負ければ賊軍」となったのである。

 天下人・豊臣秀吉の後継者を決める戦いとなった関ヶ原を、家康VS三成の図式で捉えるのも、そもそも正確ではない。あくまでも家康VS毛利輝元という豊臣家五大老どうしの戦いなのであり、家康に戦いを仕掛けた西軍の謀主は、三成ではなく、輝元であった。いわば五大老という五大(老)派閥による総裁選であり、家康よりも所属議員数で劣っていた輝元は、他派閥との連合によって五大老筆頭の家康を蹴落とし、次期総裁の座に就こうと目論む。
 そのため、総裁(秀吉)派閥の事務局長ともいうべき三成を味方に引き入れたが、総裁派閥に属する福島正則たち豊臣家諸将のみならず、毛利家本体も家康側の切り崩しにあってしまい、関ヶ原の戦いの前日、輝元は戦わずして家康に屈服する。そして翌日、何も知らない三成は、敗者となって賊軍の将に転落した。

 総裁選で勝利した家康は秀吉の後継として官軍の将に復帰するとともに、敵対勢力を粛清して「家康一強」の体制を確定させる。その後間もなく、朝廷から征夷大将軍に任命された。秀吉の後継者から、武家の頭領として豊臣家に代わり国政を取り仕切る地位に就く。江戸幕府を開いたのである。
 本書は、定評ある歴史研究家が、合戦当日までの諸将の思惑と動きを時系列で丹念に追うことで、徳川幕府誕生への道筋を早めた複雑怪奇な政治過程を浮き彫りにし、後日、徳川幕府により都合よく解釈を加えられてしまった関ヶ原の戦いの知られざる実像を解き明かす歴史ノンフィクションである。

目次

プロローグ 勝てば官軍、負ければ賊軍の関ヶ原

第1章 死期迫る豊臣秀吉と徳川・毛利家――五大老・五奉行制の導入
 1 豊臣政権の強化を目指す秀吉
 2 別格だった関東の太守・徳川家康
 3 中国地方の太守・毛利輝元が抱える複雑な御家事情

第2章 毛利輝元の野心と失脚した石田三成――「家康一強」体制へ
 1 秀吉の死と朝鮮出兵の失敗
 2 家康包囲網と豊臣家譜代衆
 3 石田三成失脚をめぐる諸大名の動き
 4 前田家の屈服と宇喜多家の弱体化

第3章 大坂城を占領した輝元と失脚した家康――賊将への転落
 1 大老・上杉景勝討伐に向かう家康
 2 西軍総師となった輝元
 3 青天の霹靂だった三成の挙兵

第4章 東軍の巻き返しと西軍の分裂――主役の座を奪い返した家康
 1 版図拡大を狙った輝元
 2 家康の賭け
 3 家康と三成、それぞれの誤算
 4 毛利家への調略

第5章 家康に屈服した輝元――創られた関ヶ原の戦い
 1 美濃が決戦場となる
 2 呆気なく終わった関ヶ原の戦い
 3 毛利家改易の危機

エピローグ 伝説となった関ヶ原