内容紹介

経済安保、水素ビジネス、半導体戦略、バイオ技術、インバウンド…etc.
国会議員が日本経済をどう変えようとしているのか、未来を先取りできる1冊


関係省庁や業界との間に入って制度を設計している「国会議員」に焦点をあて、その取り組みを描く。政治家がどんな政策の実現に向けて動いているか、ニュースやワイドショー等では見えてこない「国会議員の取り組み」に光を当てる。

扱うテーマは、経済安保、フードテック、Eスポーツ、空き家、フェムテック、クールジャパン、水素ビジネス、半導体戦略、バイオ技術、インバウンドなど多岐にわたる。

中室牧子氏(慶大教授)、小黒一正氏(法政大教授)、鈴木亘氏(学習院大教授)など著名な学者への単独インタビューも掲載。

目次

■第1章:経済底上げへ欠かせぬ部品

1)【インバウンド】
超富裕層の観光客受け入れ
「数は増えた。これから質をあげる」 自民・河野太郎氏

2)【半導体】
議連幹部、相次ぎ入閣
「戦略、政官民の三位一体で描く」 自民・関芳弘氏

3)【スタートアップ支援】
縦割り打破へ先陣
「育成に向け、ラストチャンス」 自民・平井卓也氏

4)【デジタル金融】
目立つ宏池会、日銀出身らが知見
「民間の動きを阻害しない」 自民・神田潤一氏

5)【クールジャパン戦略】
中核は旧石破派 海外展開後押し
「コンテンツは成長の種」 自民・山下貴司氏

6)【eスポーツ】
見据える「五輪種目」への道
「注目すべきは商業的観点だけでない」 立民・松原仁氏

7)【防衛産業】
相次ぐ企業撤退へ危機意識
「産・官・学で研究連携を」 自民・佐藤正久氏

■第2章:砂上の安心網、どう補給

8)【少子化対策】
女性会長の議連、解を探る
「あらゆる段階に支援の網を」 自民・森雅子氏

9)【創薬・後発薬】
安全と革新、両立以外に道なし
「後発薬はまず品質、次に供給網を」 自民・上川陽子氏

10)【経済安保】
ルール、「従う」か「作る」か
「ルール制する国が世界を制す」 自民・甘利明氏

11)【情報通信】
「デジタル敗戦」の汚名返上へ
「GAFAと渡り合える企業、育てる」 自民・佐藤勉氏

12)【幼児教育】
3つの議連、当事者目線で奔走
「義務化の道を探るとき」 自民・野田聖子氏

13)【スポーツビジネス】
「体育」から転換訴え 
「ビジネスの発想転換は途上」 自民・遠藤利明氏

14)【日台関係】
今こそ生きる議員外交のパイプ
「議員が補う情報と人脈」 自民・木原稔氏

■第3章:「カーボンゼロ」に挑む

15)【再生エネ】
河野・柴山議連、風力が軸
「再エネと原発、同じ舞台で議論を」 自民・小泉進次郎氏

16)【蓄電池】
脱炭素の有望株、商工族が照準
「技術開発、兆単位で支援する」 自民・三宅伸吾氏

17)【水素利活用】
規制緩和に余地 経産相経験者で厚み
「使うためのインフラ急務」 自民・工藤彰三氏
 
18)【省エネ住宅】
狙うは脱炭素・国産材活用の両立
「国産木材、省エネと親和性高い」 自民・小林茂樹氏

19)【中東外交】
資源の確保、安保にも直結
「議員外交こそ生命線」 自民・斎藤健氏

■化けるか 政治×「〇〇テック」

20)【エドテック】
文教・商工族が異例の相乗り
「1人1台PC、それだけでは終われない」 自民・塩谷立氏

21)【バイオテック】
中核狙うは「医師議員」
「社会・産業実装で初めて成果に」 自民・古川俊治氏

22)【ヘルステック】
現場経験者、医療費抑制へ橋渡し
「医療改革、民の視点・技術が必須」 自民・田村憲久氏

23)【フェムテック】
規制・育成、双方を見据え
「健全な市場どう育てるか」  自民・宮路拓馬氏

24)【フードテック】
培養肉、食料安保の切り札に
「万博は普及へのターゲット」 自民・中山展宏氏

■第5章:傷ついた地方、掘り起こせ活力

25)【地方交通】
苦境のバス・鉄道網 次への一手は
「存廃ありきの議論脱す」 自民・赤沢亮正氏

26)【国際金融都市構想】
2つの組織、挽回を主導
「民主主義国家にとっての好機」 自民・中西健治氏

27)【農産物輸出】
3代目の促進委、攻めへの支援軌道に
「地方と中小の支援に軸足」 自民・上月良祐氏

28)【ラーメン議連】
「国民食」の架け橋めざす
「地方創生は面白くないと」 自民・石破茂氏

29)【伝統工芸品】
「ネット戦略欠かせず」 自民・逢沢一郎氏

30)【茶業振興】
静岡・京都・鹿児島・・・産地の議員、輸出も後押し
「地域にあわせた支援を」 自民・大塚拓氏

31)【空き家対策】
移住・テレワークを追い風に
「除却と利活用、一体で進める」 自民・西村明宏氏

■第6章:政策マップ 民間の視点

32)【エネルギー】
「安定供給、原発活用が唯一の解」 竹内純子氏

33)【教育】
「教員の処遇改善、今こそ着手を」 中室牧子氏

34)【社会保障】
「制度改革、与野党協力を探るとき」 鈴木亘氏

35)【財政】
「持続可能性、争点になりにくく」 小黒一正氏

36)【リスキリング】
「1兆円支援に欠かせぬプラスα」 高島宏平氏