内容紹介

近い将来、日本は小国に堕する-。深刻な人口減に立ち向かう首相と官僚。渾身の解決案を見出すが、各方面に障害が…。フィクションでしか書けなかった、衝撃の現実とは。

おすすめポイント

本書はフィクションである。だが描かれる世界は、すべて現実だ――。
人口急減の深刻な現状、抜本解決の途を小説スタイルで説く衝撃作。


「『小国』に向かう日本」――。海外のシンクタンクが、日本政府の「一億人国家シナリオ」を非現実的とするレポートを公表した。危機感を抱いた内閣府の百瀬統括官や野口参事官は、人口問題の現状分析と解決策の策定に動く。そこで明らかになるのは、日本の人口問題のあまりに深刻な現状と、解決の難しさだった。

政府内に設けられた「人口戦略検討本部」は、多くの識者の意見を聞き、また議論を重ねて抜本的な改革案を得る。実現に向け法案成立に動き出すが、そこには様々な障害が立ちはだかり……。

「ミスター介護保険」とも呼ばれた著者が、豊富な政策現場の経験をベースに、人口問題を真正面から論じる、あまりにリアルなストーリー。人口急減の危機に直面する日本人に、厳しい現実を突きつけるとともに、未来の希望を提示する。本書で提案する、恒久的な財源のある分配政策、「子ども保険」構想とは何か。